様々な画像

ネイティブアドとは

新聞紙

現在、企業広告の主流はインターネット上のネット広告へと移り変わっています。ネット広告は、その広告範囲の広さと広告手段の幅広さから、多くの企業が注目しているのです。
ネット広告にはいくつかの手法があります。現在非常に普及を広げているのが、リスティング広告です。
リスティング広告は、多くの方が利用する検索エンジンを利用した広告です。検索エンジンを使って検索した結果と同時に関連する商品の広告を表示することで、ターゲット選択と広告誘導を確実に行えるのが強みとなっています。
ほかにも、アフィリエイト広告やソーシャルメディアを使った広告など、様々な手法があります。その中でも、近年特に注目されているのが、ネイティブアドです。

ネイティブアドは、2年ほど前からアメリカを中心として普及をはじめている広告手法です。
その特徴は、ホームページのコンテンツと広告が違和感なく融合していることです。
ネット広告を表示する際、ページのコンテンツと広告のデザインが明らかに異なっていては、閲覧する人に違和感を与えてしまいます。
あまりに広告が主張し過ぎては、PRどころかかえって企業や商品へのマイナスイメージに繋がってしまうのです。そのマイナスイメージの定着を防ぐのがネイティブアドです。
ページコンテンツと広告のデザインを統一し、また内容もしっかりとリンクさせることで、閲覧した消費者に正しく商品を理解してもらうことが出来ます。
ネイティブアドはメディアサイトなどで多く使用されており、幅広く浸透をはじめています。